猫背からカラダに酸素を十分取り込むということ

4か月で身体とココロを変えていく。発酵バイオ蒸しと美容整骨の完全個別プログラムのRALUETミヤザキです。

さて、歪みは

身体の不調、もっと言えば心の不調

にまでも影響を与える場合が多いです。

一番身近なのは「猫背」でしょうか

猫背の場合は、まず「呼吸が浅くなります」

肋骨に囲まれてある肺。肺は呼吸をすると大きく膨らみ、空気を招き入れます。ところが、肺がいくらたくさん空気を取り込み、大きく膨らもうとしても、それを囲んでいる肋骨が、もし、ぺちゃんこであったら・・・。肺は大きく膨らむことができません。ちなみに猫背のまま深呼吸してください

深呼吸できないんですね~

 

そう・・・深呼吸できない理由、忘れてはならないのは肺は肋骨に収納されている。ということです。いくら深呼吸で、肺に空気をたくさんいれようとしても、肋骨に覆われている範囲でしか肺は大きくなることができないのです

さて、そこで「猫背」との関係です。

猫背になると、前かがみの姿勢になります。

背中とおなかがひっつくよ。とはおなかの減る歌。ですが

肩が内側に丸くなり、まるで大事なものを抱え込むような姿勢になるのが猫背

その状態では肋骨が大きく開いている状態ではありません。

どちらかというと、肋骨がつぶされている状態です。

これでは呼吸が浅くなるのは当然と思いませんか?

 

では、次にこの姿勢をイメージしてください

大きく手を広げて深呼吸。大自然を前にして・・・でも結構です。どうですか?たくさん空気を吸える・・・そんな気がしませんか?

そして、深呼吸を行うと、身体も気持ちもすっきりする、リフレッシュできる。そんなイメージありませんか?そう、その感覚こそが、美容と健康に良いことをしている。という証でもあるのです。あなたのその【身体によいことしてる気がする】という感覚はあながち間違っていないのです

空気をたくさん体内に取り入れることは実は美容と健康にとても重要なこと

1番に大事なことは、血液の中の酸素量を増やすことができるということ

 

血液はほんとに薄い膜でできている血管を壁として、必要なところに、必要な時に常に酸素と栄養を渡す役割をしています

酸素量が増えるとまずは

思考がはっきりする

頭がさえる

と表現されるようなことがしっかり行われます。なぜなら、まず身体は「脳を守る」ことをするため、酸素はまず脳へと送られるからです。

酸素が潤沢にあると、頭がしっかりと働きます。物覚えがよかったり、瞬時に段取りを組み立てられたり、次にやらなければいけないことがしっかりとイメージできたり・・・

ところが、酸素量が不足していると、

あれ?なんだっけ??ということが頻繁に起こったり、

行動を起こしたものの、少し時間がたてば、

何をしようとしていたのか忘れてしまったり・・・

物忘れの検査・・・物忘れの薬・・・ではなく、姿勢を一度疑ってみてください

酸素量が十分に取り込めない姿勢で過ごしているならば

姿勢、つまり、骨格の歪み

この場合は肋骨の歪みを元に戻す

ことをすれば、深く呼吸ができる。肺を膨らませることができる

酸素量が増える・・

頭の回転が速くなる、てきぱき動ける、しっかりやることを忘れない、忘れ物をしない

ということにつながります

 

そして実は酸素量が多いと、思考もプラスに働きやすいのです。つまり、気持ちが前向きに傾きやすいのです

酸素量が少ないと、身体は↑先に述べたように「脳」に先に酸素を供給しようとします

ところが、身体には酸素が足りないままになるのです

カラダは酸素がないとうまく動くことができません=身体が重い

脳は十分な酸素量があるために、動く、しかし、身体は動きずらい状況。。。

頭ではいろいろ先のことが考えられるのに身体がついていかない・・・

という状況に陥りやすくなります

さらに、頭はしっかりと働くので血流がとてもよい状態。しかし身体は血流がそれほど良くない…という状況にもなりかねません

 

頭ばっかり働いて、先の計画まで立てているのに身体がついていかない・・・

こうなるとマイナス思考に陥りやすくなります

「やろうればならないのはわかっているのに・・・できない私」なんて思ってしまう人も少なくありません

 

ここで、酸素がもし、身体に十分あれば、身体が動きやすいのです

もちろん、酸素だけではありません。

正常なATP生産がなされる必要、

十分なミネラル、

十分な睡眠につながる正常のホルモン分泌、

もちろん、

十分な栄養素。

 

など必要なことはたくさんあります、しかし、「酸素」は一番の基礎です。

酸素がないと人は生きていくことができませんから。

 

では、酸素カプセルにはいりますか?

たとえ高価な酸素カプセルに入ったところで、肋骨が猫背により狭くなり、肩がまるくて呼吸が浅い状態であれば、いくら酸素を外から足したところで、十分でしょうか。

 

それとも、姿勢を正して、酸素が十分に取り込める身体にしますか?

たった、ひとつ、姿勢を正すこと、それも、骨格の歪みを整えれば勝手に良い姿勢はついてきます

私はその場限り。とか、対処療法的な手法が嫌いです

根本的なもの。が好きなのです

だって、私たちのサロンに通っている間だけ身体の調子が良いなんて、いつかまた調子よくない状態にもどる。ということでしょう?

私はサロン歴まだ3年目です。それまで、今も、3人の子供を抱えてる主婦です。家計を預かる主婦です。無駄なことはしたくないのです

RALUETに来られたら、身体を根本的に変化させて卒業してもらいます

永遠。とは言いません。しかし、自分でできるホームケアもお伝えしています

 

一度、ぐるっと身体を変えてしまえば、あとは維持するのみです

そして、最後に大事なこと

それは

 

年齢には関係ないということ

身体は長い年月をあなたと共に過ごしています。あなたの身体が倒れないように、常に身体は動かし方を変えて、細胞は変化をして、ホルモンは分泌を変えて、あなたの身体が倒れないように支えてこの何十年もともにすごしているのです。

思い出してください。ここ一番、踏ん張らなければいけない時、あなたの身体は応えてくれたはずです

 

あなたの身体はけなげなのです

だから、年齢には関係ありません。RALUETでは70代のかたも変化を遂げてきています。もちろん、個人差はありますが、あきらめないで。あなたの身体をあきらめてはだめです

 

 

投稿を作成しました 24

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る