ビオスチームが新しくなります

大阪府交野(かたの)市、京阪電車交野市駅徒歩5分の美容整骨とビオスチームサロンRALUETです

先日岐阜と福岡のビオスチーム勉強会に連続で参加しまして(^^)しっかりと新しいビオスチームの内容を学んできました

新しく加わった特別素材はミキパウダー

お水に溶かしてみると・・・なんとまぁ素敵なパープルピンク!!!

お神酒を元にできたミキパウダー。もちろん、アルコールははいってません

ミキパウダー。。。その名前の理由は奄美地方で作られている【ミキ】に由来しています

【ミキ】は古くから女性が作り続けてきた発酵食材、鹿児島地方で作り方も様々

女性がその地域の素材で作る【ミキ】そしてビオスチームのミキパウダーにはもうひとつ

【お神酒】からも由来があります。かつて、神へささげる神聖なお酒は口かみ酒といって

女性がお米を口でかんで柔らかくしたものを神へささげ、神の世界とつながるといわれています。

なんと神秘的な!映画「君の名は」でもでてきたシーンですね。

 

温活しながら、そんな神秘な世界へもつながることができるのかっ!!!

 

そして今回このミキはじめ、すべてのパウダー素材に新たに加えられたのが

玄米麹、それも熱に強い特別な玄米麹です。

 

もともと、国菌と呼ばれている「ニホンコウジカビ」

古くから醸造所などで使われてきた麹の代表格です

お味噌やお醤油、そして日本酒などを作るときには欠かせません。

コウジカビは、菌糸とよぼれる先端からでんぷんやたんぱく質などを分解する

様々な酵素作り出します

日本で使えれてる「ニホンコウジカビ」は黄麹菌ですが、

実は麹はアジア圏に存在し、白麹・赤麹・青麹などと200以上の種類があります。

そして数ある麹菌の中でも格段の分解能力を持つのがこの「ニホンコウジカビ」と言われています。

日本の発酵食品には欠かせないニホンコウジカビ。

 

2006年麹菌は日本醸造学会で「国菌」に認定されました

そんな国菌と呼ばれるニホンコウジカビ。

なぜ身体によいのか

実は麹菌は湿度と温度が適したバランスにあるところで、穀物に繁殖する際、

100種以上の【酵素】を生産するのです。

酵素が身体を健やかに美しく保つ秘訣

そう、【酵素】とは、RALUETでも口を酸っぱく言い続けている、タンパク質(アミノ酸の集合体)のことです。人には欠かせない

この酵素がなければ、生命活動ができません。私たちが生命を維持するのに必要な酵素の7割は麹が生産していると言われています。

そのため、酵素を摂ることは大事。ということでRALUETの身体改革プランでも酵素について

かなり説明をいたします。

ほとんどの食材に含まれる酵素ですが、口から入れる酵素は食材を選ばないとわずかな量なのです

ですが!実は、麹菌がからんだ発酵食品になると100種類以上の酵素を含むのですよ

なんと手っ取り早い!ビバ麹菌!

 

 

そして、それを経皮から吸収してしまおう!というのが、今回新しくなったビオスチーム

なんせ、口から飲んだら7倍くらい。経皮からだと42倍!なのですから(^^)

 

でも、まてよ、ビオスチームでぐつぐつしてしまったら、その酵素、ダメじゃない?

そう思ったあなたは・・・ちゃんとご存じでいらっしゃるのですね!

そう、今回特別な麹。とお伝えしたのは、実は・・・

その古代米から麹を起こして、できた酵素は(通常60度以上で酵素は死滅すると言われていますが)なんと熱に強い!そして海外の検査機関の検査を受けて、データとしてみることが可能になります。

すごいですね、今や世界の菌の研究機関とも交流をもつようになったビオスチーム

熱に強い麹が生成する酵素。

余すところなく、経皮から吸収していきましょう!

今後、すべてのパウダーにこの熱に強い酵素が生成される麹がまぶされてまいります

価格もあがると言われています。RALUETでも一斉にパウダーを新しいものに変えてまいります

また、夏ころには発酵ウォーターのような、発酵を促し、身体の中の水分をも変化させてしまうという特別蒸留水が発表される予定です

この特別発酵水はこちらも海外の研究機関や、日本でも屈指の技術を持つ研究所が開発している蒸留水となります。

まだまだ進化するビオスチーム、どうぞお楽しみにしてください

そして、、、新しいミキパウダー、そして古代米からの麹を元にしたパウダーたち

こちらもご期待ください

 

投稿を作成しました 38

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る